=begin
= Ruby 1.9でサポートされているプラットフォーム

== サポートレベル
「サポートされている」という定義を明確にするために4段階に分類する。
:Supported
公式にサポートしている。このプラットフォームでエラーが残っている限りリリースしない。
* メンテナがいる
* ターゲットアーキテクチャとしてビルドできる
* make test-allが定常的にほぼERROR 0
* Nightly build, Nightly test環境がある
:Best effort
いくらかSupportedに及ばないもの。このプラットフォームで若干のエラーがあってもリリースを妨げない。
* メンテナがいる
* ターゲットアーキテクチャとしてビルドできる
* make test-allがある程度通るが恒常的なエラーも残っている || Nightly build, Nightly test環境がない
:Perhaps
たぶん動くと思うが、公式にはサポートしていない。この環境でエラーがあってもリリースを妨げない。
* SupportedまたはBest effortの環境に似ているので動くと思われるもの
* 最近、その環境向けの良さそうなパッチを受け取ったもの
:Not supported
Ruby開発はこの環境を関知しない。たぶん動かない。
なお、「メンテナがいる」とは明確なプラットフォームメンテナがいるもの(mswin32など)のほかに、「日々その環境でRubyを開発しているコミッタがいるもの」を含む。

== Ruby 1.9.1
(2008-08-12時点)
:Supported
* Debian GNU/Linux 4.0 on IA32
:Best effort
* mswin32, mswin64, mingw32
* Mac OS X (Intel) 10.5以降
* FreeBSD 6 and later (amd64, IA32)
* OpenSolaris
:Perhaps
* Debian GNU/Linuxのその他のバージョン/その他のアーキテクチャ
* その他のLinuxディストリビューション
* Mac OS X (PPC)
* Mac OS X 10.4まで
* mingw64
* cygwin
* その他のPOSIX互換システム
* BeOS (Haiku)
:Not supported
上記以外すべて。
* OpenVMS
* WinCE
* OS/2
* bcc32
* Classic MacOS

== 1.9.3

SupportedPlatforms

== 今後の方針
* メンテナが継続的に面倒を見てくれるならば、Best effortやSupportedを追加するのは基本的に歓迎
* 商用UNIXの多くは「POSIX互換」としてPerhaps扱いだが、メーカーなどがビルド・テスト環境を寄付してくれるなら、できればSupportedを目指したい。
=end