Project

General

Profile

Bug #14409

Updated by okkez (okkez _) about 2 years ago

以下の2つのインストール手順の部分を改善した方が良いと思いました。 

 1. `./configure`の生成に必要なautoconfのバージョンを指定するべき 
      - 2.68以降 
 2. config.hとMakefileの生成に必要なRubyのバージョンを指定するべき 
      - 少なくともto_pathが実装されているバージョン 

 ## 環境 
 ``` 
 $ cat /etc/redhat-release 
 CentOS release 6.8 (Final) 
 $ uname -a 
 Linux kogeki 2.6.32-642.el6.x86_64 #1 SMP Tue May 10 17:27:01 UTC 2016 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux 

 ``` 
 # ./configureの生成に必要なautoconfのバージョン 
 [README.md](https://github.com/ruby/ruby/blob/trunk/README.md)のHow README.md(![https://github.com/ruby/ruby/blob/trunk/README.md](https://github.com/ruby/ruby/blob/trunk/README.md))のHow to compile and installの 2つ目の手順にて autoconf を実行したところ、以下のエラーが発生しました。 

 ``` 

 $ autoconf 
 configure.ac:7: error: Autoconf version 2.67 or higher is required 
 configure.ac:7: the top level 
 autom4te: /usr/bin/m4 failed with exit status: 63 
 ``` 

 2.67以上にのみ対応しているということだったので,[このサイト](http://ask.xmodulo.com/upgrade-autoconf-centos.html)を参考に,2.68を導入したところ,./configureが正常終了しました。 2.67以上にのみ対応しているということだったので,このサイト(![http://ask.xmodulo.com/upgrade-autoconf-centos.html](http://ask.xmodulo.com/upgrade-autoconf-centos.html))を参考に,2.68を導入したところ,./configureが正常終了しました。 
 以上より,autoconfのバージョンを指定すべきだと考えます。 

 ## config.hとMakefileの生成に必要なRubyのバージョン 
 [README.md](https://github.com/ruby/ruby/blob/trunk/README.md)の`How README.md(![https://github.com/ruby/ruby/blob/trunk/README.md](https://github.com/ruby/ruby/blob/trunk/README.md))の`How to compile and install`の3つめの手順にて,以下のエラーが発生しました。 

 ``` 
 $ ./configure 
 checking for ruby... false 
 configure: error: cannot run /bin/sh tool/config.sub 
 ``` 

 rubyが必要だったということで,`sudo yum install ruby`でrubyを入れ,再度実行したところNoMethodError'to_path'が発生しました。 
 to_pathが実装されているRuby(2.4.3)を使用したところ,成功しました。 
 以上より,config.hとMakefileの生成に必要なrubyのバージョンを指定すべきだと考えます。

Back