Project

General

Profile

Bug #10556

shebang handling

Added by akr (Akira Tanaka) over 4 years ago. Updated over 4 years ago.

Status:
Closed
Priority:
Normal
Assignee:
-
Target version:
-
ruby -v:
ruby 2.2.0dev (2014-11-27 trunk 48614) [x86_64-linux]
[ruby-dev:48754]

Description

以下のようなスクリプトを ruby で実行すると、途中の #!ruby 以降が
実行されるのは意図されない動作な気がするのですが、なにか理由がありましたっけ?

% cat tst.rb
#!/bin/echo
p 1
#!ruby
p 2
% ./ruby tst.rb
2
% ./ruby -v
ruby 2.2.0dev (2014-11-27 trunk 48614) [x86_64-linux]

昔 (1.9.2 preview1 以前) は、echo が実行されていたようです。

% all-ruby tst.rb
...
ruby-1.9.2-preview1   tst.rb
ruby-1.9.2-preview3   2
...

shebang 行に書いてあるのを実行する機能はなくしちゃってもいいような気もしますが。

History

Updated by nobu (Nobuyoshi Nakada) over 4 years ago

  • Status changed from Open to Closed

意図的なものです。

入れたのはr24410なのでruby-dev:39015ですね。

Updated by akr (Akira Tanaka) over 4 years ago

おぉ、そんな話が。了解です。

Also available in: Atom PDF