Project

General

Profile

Actions

Bug #7591

closed

SEGV on sparc Solaris10 when Marshal.dump

Added by ngoto (Naohisa Goto) over 9 years ago. Updated over 9 years ago.

Status:
Closed
Priority:
Normal
Assignee:
-
Target version:
-
ruby -v:
ruby 2.0.0dev (2012-12-16) [sparc64-solaris2.10]
Backport:
[ruby-dev:46772]

Description

sparc Solaris10 上にて、Oracle Solaris Studio 12.3 にてデフォルトの最適化オプションである -O (-xO4 相当)を付けて make すると、rdoc作成時に Marshal.dump 内にて SEGV が発生します。make test-all すると、 TestMarshal が Failure になります。

marshal.c の marshal_dump および marshal_load 関数にて、変数 wrapper が最適化のためスタックに乗らないようで、w_object などの呼び出した先の関数の中で走ったGCによって消されてしまい、SEGVに至るようです。関数の最後のほうにある RB_GC_GUARD(wrapper) は効果が無いようです。

添付のパッチのように修正すると治りました。
添付のパッチ適用後は、関数末尾の RB_GC_GUARD(wrapper) は無くても動くようですが、念のため残しています。


Files

marshal-prevent-GC.patch (828 Bytes) marshal-prevent-GC.patch ngoto (Naohisa Goto), 12/19/2012 11:26 PM
Actions

Also available in: Atom PDF