Project

General

Profile

Bug #15421

erb コマンドの -P オプションの説明

Added by shuujii (Shuji KOBAYASHI) over 1 year ago. Updated over 1 year ago.

Status:
Closed
Priority:
Normal
Assignee:
-
Target version:
-
ruby -v:
ruby 2.6.0rc2 (2018-12-15 trunk 66408) [x86_64-linux]
[ruby-dev:50710]

Description

erb コマンドの -P オプションは、% で始まる行を Ruby コードとして評価する機能を無効にする、という意味だと思うのですが、man ページの説明は以下のようになっていて正しくないように思います。

-P    Evaluates lines starting with % as Ruby code and removes
      the tailing EOLs.

また、erb --help の説明は以下のようになっていて、行を無視する訳ではないのでこちらもあまり適切ではないように思います。

-P    ignore lines which start with "%"

RDoc での trim mode の説明を参考に修正したパッチを添付します。


Files

improve-description-of-erb-P.patch (1.25 KB) improve-description-of-erb-P.patch shuujii (Shuji KOBAYASHI), 12/16/2018 11:45 AM
#1

Updated by k0kubun (Takashi Kokubun) over 1 year ago

  • Status changed from Open to Closed

Applied in changeset trunk|r66419.


bin/erb: improve documentation of -P flag

man/erb.1: ditto

[Bug #15421]

Updated by k0kubun (Takashi Kokubun) over 1 year ago

おっしゃる通りと思いましたので、そのままパッチを取り込まさせていただきました。

が、パッチ作成者の情報をコミットメッセージに入れ忘れたままコミットしてしまいました…すみません。

Also available in: Atom PDF