Bug #270

lazy timer thraed creation

Added by Koichi Sasada almost 6 years ago. Updated almost 3 years ago.

[ruby-dev:35471]
Status:Closed
Priority:Low
Assignee:Koichi Sasada
Category:-
Target version:2.0.0
ruby -v:ruby 1.8.8dev (2010-01-17 revision 26335) [i386-netbsdelf5.0.1] Backport:

Description

=begin
 ささだです.

 現在,1.9 では timer thread というものを起動時に作って,以下の用途
に利用しています.

a) スレッドスイッチの契機
b) signal の集約
c) sampling profiling

 (a) は SIGVTALRM の代わりに,select で polling して,定期的に ruby
threads に対してスレッド切り替えを促します.

 (b) は,一度 signal を timer thread に集約して,その後 ruby thread
に signal の情報を渡すように実装しています.

 (c) は,あまり活用されていませんが,sampling profiler として利用す
ることができます.今後の拡張用です.

 ただ,最近のFreeBSDやNetBSDは,一度 pthread を作ると,後始末をして
も fork 後,pthread を作ろうとすると刺さるので,必ず timer thread を
作る 1.9 では fork が出来ません.そこで,最初に Thread.new するま
で,つまり,マルチスレッド実行を行うまで timer thread の遅延を遅らせ
るような提案を受けています.

 (b) に関しては実装についてケアが必要で(これまで,ruby thread で
signal を受ける心配をする必要がなかった),(c) についてはあきらめな
ければなりませんが,FreeBSD, NetBSD などの広く利用されている OS で
fork が動かないのはまずかろう,という意見です.

 fork をこれ以上使うな,という意見もあるかとは思いますが,この提案
については前向きに検討していきます.

 忘れないように redmine に登録しておきます.

 ご意見募集中です.
--
// SASADA Koichi at atdot dot net
=end


Related issues

Related to ruby-trunk - Bug #2097: fork NotImplementedError on FreeBSD Third Party's Issue 09/14/2009
Related to Ruby 1.8 - Bug #1872: [ruby_1_8] Kernel#system doesn't work in forked process Closed 08/04/2009
Related to Backport87 - Backport #2603: NetBSD 5.0以降でpthreadの処理に由来する不具合 Closed 01/14/2010
Related to Ruby 1.8 - Bug #2648: Mac OS X 10.6/10.5で--enable-pthreadのときtest-allでSEGVする Closed 01/23/2010
Related to Backport87 - Backport #2659: Problem when building with pthreads enabled Closed 01/26/2010
Related to Backport87 - Backport #2663: Hard hang (needs -9 to kill) in 1.8.7 build 248 Closed 01/27/2010
Related to Ruby 1.8 - Bug #1402: test_cookie(TestCookie)でtest-allが止まる Closed 04/24/2009
Related to ruby-trunk - Bug #2724: fork from other than the main thread causes wrong pthread... Third Party's Issue 02/09/2010
Related to ruby-trunk - Bug #6341: SIGSEGV: Thread.new { fork { GC.start } }.join Third Party's Issue 04/22/2012

Associated revisions

Revision 40015
Added by Hiroshi SHIBATA about 1 year ago

doumentation by @toolmantim [GH fixes #270]

  • timeout.rb: Document Timeout::timeout 0 and nil argument behavior

History

#1 Updated by Koichi Sasada almost 6 years ago

  • Assignee set to Koichi Sasada

=begin

=end

#2 Updated by Yuki Sonoda over 5 years ago

  • Target version set to 2.0.0

=begin

=end

#3 Updated by Yui NARUSE about 4 years ago

  • Status changed from Open to Closed
  • ruby -v set to ruby 1.8.8dev (2010-01-17 revision 26335) [i386-netbsdelf5.0.1]

=begin
本件ですが、まず FreeBSD 7.2 あたり、NetBSD 5.0 あたりで OS 側に対処が入り、
pthread を使った後で fork しても刺さらないようになったようです。
(誰かコミットの特定よろしく)

また、関連する #2603 r26371 から得られた知見を追記すると、
01:04 (unak) 今日のまとめ
01:05 (unak) NetBSDのpthreadatfork()やばい
01:05 (unak) というか、pthread
atfork()の中でpthreadcreate()しちゃいけないんだろうね。
01:06 (unak) ああ、もう一個あった。
01:07 (unak) NetBSDだとfork()前に余分なスレッドを殺しておくのが吉... ... ...
01:44 (unak) parent handerでpthread
create()が呼ぶと刺さるのはなんか変なので、これはOS側で対応してほしいね。
ということになるようです。
=end

#4 Updated by Usaku NAKAMURA about 4 years ago

=begin
こんにちは、なかむら(う)です。

In message " Re: Bug #270 lazy timer thraed creation"
on Jan.22,2010 08:54:15, kosaki.motohiro@jp.fujitsu.com wrote:

僕の知見は

pthreadatfork(0, 0, rbthreadstoptimer); はダメな子

につきるような。この子が意味があるプラットフォーム、あるんだろうか・・・

ですよねー。
子プロセス側ではtimer threadは死んでるに決まってるんだし...

それでは。
--
U.Nakamura usa@garbagecollect.jp

=end

Also available in: Atom PDF