Project

General

Profile

Feature #8024

Lazy sweep を on/off するための機能

Added by mrkn (Kenta Murata) over 7 years ago. Updated over 7 years ago.

Status:
Closed
Priority:
Normal
Target version:
-
[ruby-dev:47135]

Description

Lazy sweep を on/off する機能を追加するパッチを作りました。
このパッチは環境変数1つと GC のモジュール関数2つを追加します。

環境変数は RUBY_GC_DISABLE_LAZY_SWEEP です。
これに 0 以外の整数を設定して ruby を実行すると、
lazy sweep が off の状態で実行されます。

GC に追加されるモジュール関数は disable_lazy_sweep と enable_lazy_sweep です。
文字通り、lazy_sweep の on/off を切り替えるために使います。

このパッチを作るに至った経緯は、Lazy sweep が on の時だけ再現する SEGV が
弊社のテストコードで発生していたからです。
SEGV の発生条件がまだ絞れていないため、残念ながらバグ報告はまだできません。

運用上 Lazy sweep を止めておく必要があっために作ったパッチですが、
他の人の役にも立つかもしれませんので、こちらで提案させて頂きます。

trunk/2.0.0 用 → https://gist.github.com/mrkn/5096076

1.9.3 用 → https://gist.github.com/mrkn/5096071

Also available in: Atom PDF