Project

General

Profile

Actions

Feature #14352

closed

Array#pack("M") Quoted-Printable with binary mode

Added by kirika (Toshio Maki) over 4 years ago. Updated about 4 years ago.

Status:
Closed
Priority:
Normal
Assignee:
-
Target version:
-
[ruby-core:84835]

Description

英語で書こうと思ったのですが、うまく伝えられないかもしれないので日本語で書かせてください。すみません。

mail libraryというgemを使ってメールをパースしたり、書きだしたりしているのですが、
Quoted-Printableでエンコードされたバイナリがメールに含まれていた場合に、メールを破壊する
可能性があるということが分かりました。

調査してみると、RubyのArray#Pack("M")を使ったときに、以下のように
\rは=0Dに変換してくれるのですが、\nは=0Aではなく、そのまま\nで維持するのが問題のようで、
mail libraryはパース前の処理に\nを\r\nに変換するという処理を加えるのですが、その時に\nが
\r\nに変換され、オリジナルのバイナリを破壊してしまうことが分かりました。

puts ["あいうえお\r\nかきくけこ"].pack('M')

実行結果

=E3=81=82=E3=81=84=E3=81=86=E3=81=88=E3=81=8A=0D
=E3=81=8B=E3=81=8D=E3=81=8F=E3=81=91=E3=81=93=

Quoted-Printableにおいては、レイアウトのための改行は=\r\nにする、ということが決まっているので、
このように\nが単独で残るということはないような気がするのですが、昨年末にまつもとさんにご質問
させていただいた際にPerlの実装を参考にした、ということを伺ったので、Perlについても調べて
みたのですが、Perlは$binmodeというフラグで、バイナリ時の挙動と分けているようです。

http://perldoc.perl.org/MIME/QuotedPrint.html
(もしかすると、参考にした実装とは関係ないかもしれません)

今からpack('M')の挙動を変えると、影響範囲が大きそうなので、バイナリをQuoted-Printableでエンコード
するためのオプションがあれば、いいと思うのですが、packにどういうオプション名をつければよいか、
またpack.cのqpencode関数にbinmode用の拡張しても良いかを含めてご相談させてください。

出来れば今使っているrubyのバージョンは2.3とかだったりするので、2.3.x, 2.4.xにバックポート可能かどうかも
含めて相談させてもらえれば、と思います。


Related issues 1 (0 open1 closed)

Related to Ruby master - Bug #14741: [].pack('M') quoted printable RFC2045 contains only LF, does not contain CRLF, MessagesClosedActions
Actions

Also available in: Atom PDF