Bug #5419

FileUtils.cp_rの:preserveの動作

Added by Masatoshi Seki over 2 years ago. Updated about 1 year ago.

[ruby-dev:44581]
Status:Assigned
Priority:Normal
Assignee:Masatoshi Seki
Category:lib
Target version:next minor
ruby -v:ruby 1.9.4dev (2011-09-05 trunk 33195) [x86_64-darwin11.1.0] Backport:

Description

FileUtils.cp_rで:preserveとtrueに設定してディレクトリをコピーしたときに、
空でないディレクトリの時刻が設定されません。

おそらく、ディレクトリについて ent.copymetadata した後に、そのディレクトリ以下にファイルが増えるためだと思います。
2パスで処理して、一巡目にコピー、二巡目にent.copy
metadata したら直るような気がしますが、もっとかっこいい方法もありそうです。

History

#1 Updated by Nobuyoshi Nakada over 2 years ago

その「もっとかっこいい方法」というのをちょっと教えて下さい。

#2 Updated by Nobuyoshi Nakada over 2 years ago

  • Status changed from Open to Assigned
  • Assignee set to Masatoshi Seki
  • Target version changed from 1.9.3 to 1.9.4

#3 Updated by Anonymous over 2 years ago

咳といいます。

On 2011/10/07, at 17:16, Nobuyoshi Nakada wrote:

その「もっとかっこいい方法」というのをちょっと教えて下さい。

ほんというと、よくわかってません。
木の辿りの帰りがけにmetadata_copyするのか、あるいは、あとでやるキューをつくるのか...

fueachsrc_destを二回まわるほうがずっと良いのかも。

#4 Updated by Anonymous over 2 years ago

On 2011/10/07, at 17:17, Nobuyoshi Nakada wrote:

Issue #5419 has been updated by Nobuyoshi Nakada.

Status changed from Open to Assigned
Assignee set to Masatoshi Seki
Target version changed from 1.9.3 to 1.9.4

う。アサインされたの?

#5 Updated by Yui NARUSE about 1 year ago

  • Target version changed from 1.9.4 to next minor

Also available in: Atom PDF